Co2液体冷媒ポンプの定格は現在80バールです

Co2液体冷媒ポンプの定格は現在80バールです

モデル860-SS-080

すべてのHYSAVE®LPA®液体冷媒ポンプには、過去80年間に技術チームによって設計された非常に重要な設計上の制約のおかげで、XNUMXバールの設計使用圧力が割り当てられています。

HYSAVEチームはこのニュースを歓迎し、現在のPED 2014/68 / EUおよびUKCAに従って、これらのより高い動作圧力に対応するために、圧力テストおよびヘリウムリークテスト施設を強化します。

動作圧力が80バールを超えると提案された場合は、お問い合わせください。今日の市場で必要がある場合は、動作圧力をPS125バールに上げるオプションがあります。

より高い動作圧力範囲(80〜120 bar)のHY-SAVE LPAポンプには、ほとんどの場合、材料K65の入口接続が付属しています。 ご希望がステンレス鋼の接続である場合は、お問い合わせください。

「Co2液体冷媒ポンプの定格が80バールになりました」に対するXNUMXつの回答

  1. エンジニアリング 言います:

    モデル875および925には、ステンレス鋼の相互接続パイプをポンプの入口と出口に溶接するオプションがあります。 この認定とプロセスにはわずかな追加料金がかかりますが、他のモデルはステンレス製の接続に変換できます。

コメントを残す



助けが必要? オンラインヘルプはこちらをクリック